突発大会KP

ラティオス[12]
カイリュー[11]
ウルガモス[8]
ナットレイ[8]
ドリュウズ[8]
バシャーモ[7]
ローブシン[7]
カバルドン[7]
ガブリアス[7]
バンギラス[6]
ハッサム[6]
ロトム水[6]
パルシェン[6]
ボルトロス[5]
マンムー[4]
メタグロス[4]
ユキノオー[4]
ニョロトノ[4]
スイクン[3]
テラキオン[3]
ブルンゲル[3]
サンダー[3]
エンペルト[2]
ヒードラン[2]
グライオン[2]
シャンデラ[2]
ポリゴン2[2]
キングドラ[2]
エルフーン[2]
ランクルス[2]
フワライド[2]
キノガッサ[2]
トドゼルガ[2]
カイリキー
エンテイ
オノノクス
ポリゴン2
ビリジオン
ドータクン
ボーマンダ
モンメン
ユクシー
ラッキー
ドレディア
ハリテヤマ
ミロカロス
トリトドン
ゴルバット
ランターン
マニューラ
エルレイド
サメハダー
キュウコン
フシギバナ
クレセリア
ヘラクロス
ラティアス
ピクシー
カビゴン
スポンサーサイト

バシャ入り雨について

前の記事に書いていたPTを使ってきて思ったことを。

まずは現在使っているポケモンの前回の記事からの変更点
ニョロトノ
ニョロトノ
ハイドロポンプ 冷凍ビーム 気合玉 めざ飛行@拘りスカーフ

ハイドロポンプ 冷凍ビーム めざ飛行 滅びの歌@拘りスカーフ

配分、持ち物は前から変わりなく気合玉を滅びの歌に変えました。
理由は気合玉を打つ機会が余りなく、それよりも瞑想スイクンやグライオン等に苦労させられることの方が多かったのでそれらに交代を強要できる滅びの歌に変えました。これによってそれらのポケモンの処理が楽になった他ラス1滅びが狙えたりするので戦略の幅が広がりましたが気合玉を切ったことが原因で負けた試合もあったのでやはりPT単位で考えていきたいところも見えました。


カイリュー
カイリュー
逆鱗 神速 炎のパンチ 瓦割り@拘り鉢巻

逆鱗 地震 神速 炎のパンチ@拘り鉢巻

配分
175-194-116-x-128-125

175-204-116-x-128-116

持ち物は変わりなく技が瓦割りから地震に、配分はSを落としてAを上げました。
まず技を変えた理由は全部接触技だと打つだけでナットレイの鉄の棘でマルスケがつぶれるので交代際の地震2発でうまく処理してマルスケを残した状態を保つことができるから。瓦割りは正直全く打つ機会がありませんでした。
配分はバンギ抜きから追い風時に意地スカーフガブ抜き。正直バンギ抜きしててもASカイリューには倒されるし、遅いカイリューはこのSまで落としても抜けるから落とした分をすべてAに回して10というかなりの火力増強に繋がりました。しかしラティの眼鏡流星を耐えないのでPTが初手ラティをナットレイでしか捌けないのでそこまでDを上げることも少し考えていたりします。

その他は特に変わりありません。

回してて思ったことを列挙すると。
・初手ラティオス、サンダー、ボルトロス、カイリューが非常に重たい
・サンダー、ボルトロスは完全に受けれるポケモンがいない。
・スカーフニョロトノの性能はいいが天候合戦で負けやすくなる。
・ガッサへの後だしが厳しく、キングドラの寝言では全然対策として成り立ってない。
・追い風はサンダー自身の強化にはかなり役に立つが肝心のカイリューが追い風下でもスカーフラティオス、陽気ガブリアスを抜くことができないのでスカーフで落とされる。
・相手のブルンゲルの処理がほとんどサンダー任せなのでブルンゲルがいると選出を縛られる。
・受けループの突破が滅びをかなりうまく使ったり読まないとほぼ無理。
・ユキノオーに後だしできるのが低耐久のバシャーモと吹雪等倍のナットレイだけなので後だしが辛い。
簡単にまとめるとこんな感じ。
ボルトに関してはトノで縛れるのが唯一の救いなのですがサンダーに関してはしばれないので最悪1匹犠牲にしないと処理できないのでもっとも苦手なのはサンダーですかね。
天敵であるバシャーモやカイリューも増加傾向にあるので今の環境で使う事は余りお勧めしません。


追い風のコンセプトを残したままだとこれ以上の改善が見込めないので一旦これで結論ということで。
改善かどうかは分かりませんがここからいじるとするならば
・ナットレイのアイアンヘッドをジャイロにして電磁波を剣舞にするか鈍い眠るにする。
前者は電磁波サポートできなくなりますが剣舞によってスイクンやキングドラの身代わりを種ガンで壊したり、クレセリアで詰みにくくなります。後者はノイクン、ナットミラー、催眠耐性の向上が見込めます。ただしステロを使えないのでそこが厳しくなると思います。
・バシャーモのシャドークローをストーンエッジに変える。
これによってステロを撒いた状態だとカイリューの後だしをゆるさなかったり、サンダーをステロ込みで落とせる可能性もあります。デメリットとしてはラティオスを縛る為にもう少し蓄積させる必要があることとブルンゲルに対する打点が無くなることです。
・カイリューの耐久を上げる
ラティオスの眼鏡流星群耐えまで振れば対ラティオスがかなり楽になると思います。しかしASを削らざるを得ないので追い風の恩恵を受けにくくなると思います。
・カイリュー→ガブリアス
これによってボルトチェンジやテラキオンへの耐性もでき、追い風で縛れる範囲も大幅に広がります。更にカイリューではできなかったサンダーを上から叩いて処理することもできます。デメリットは雨ミラー耐性が落ちたり加速したり蝶舞したバシャーモやウルガモスを神速で止めると言った動きが出来なくなります。また神速は掃除にも使うので先制技が無いのはかなりきついです。

変更を行う場合にもメリット・デメリットはあるのでそのあたりを把握してもしこの追い風を絡めたバシャーモ入りの雨を使うのであれば自分に合った構成、配分を決めていくといいと思います。
自分だけではこれ以上改善が見込めないのでもしこうするといいですよという案があれば是非お願いします。
プロフィール

りっかぽけ

Author:りっかぽけ
ポケモンの考察やPT構築等をまとめるブログです。
余り大したことは書けませんが少しでも参考にして頂ければ幸いです。
ニコ生で生主もしています。よかったら放送を見に来て頂けると嬉しいです。
http://com.nicovideo.jp/community/co1154713

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター