FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S9 使用構築 悪Zフェローチェ入りマンダドランナット【最高1890】

S9トレーナーカード



S9での使用構築です。
最高レートは1890と不甲斐ない結果となりましたが自分への戒めも込めて記事にします。

悪Zフェローチェを使いたくて組みました。






フェローチェ色v
フェローチェ

性格:やんちゃ

持ち物:悪Z

特性:ビーストブースト

実数値:146-207(252)-57-158(4)-51-203(252)

技:飛び膝蹴り 蜻蛉返り 冷凍ビーム イカサマ

調整
A:ZイカサマでH252シールドギルガルド乱数1発(75パーセント)

S:ミラー意識で準速

主に初手から投げて相手のゲンガーやメタグロス、ギルガルド等を倒して数的アドバンテージを稼いだり
上から蜻蛉返りでダメージを与えたり、襷や化けの皮を潰しながら対面操作を行う。
奇襲性が非常に高く、このポケモンだけで勝つこともあった。
カバマンダガルドに対しても有利をとれるためこの系統に負けることは少なかった。
たまにイカサマZをギルガルドやメタグロスに耐えらたり飛び膝蹴りを外すので過信してはいけない。
努力値の端数は膝を2回割っても耐えられるようにHに振ったほうがいい。
このポケモンがいるとよくリザードンやカプ・レヒレ、ドヒドイデを選出される。



メガボーマンダ色v
ボーマンダ

性格:陽気

持ち物:ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

実数値:189(148)-181(124)-151(4)-x-112(12)-184(220)

技:恩返し 地震 竜の舞 身代わり

調整
A:H4振りミミッキュ乱数1発(75パーセント)

B:A197ランドロスの-1岩石封じを身代わりが最高乱数切りたえ

S:最速ジャローダ抜き

メガ枠はフェローチェと比較的相性の良いボーマンダにした。
性格は環境にいるボーマンダがほぼS無補正であるためミラーに強い
陽気を採用した。これにより相手に1舞された状況から死に出しや
相手側の死に出しからではほぼ勝つことができる。
実際にマンダミラーでは流星群持ち以外に負けたことが無い。
恩返しの理由はなつき度下げがめんどくさいというのもあるが
上位では八つ当たりの方が主流だと感じているので
メタモン側もなつき度を下げるだろうと思いこっちにしたが
実際のPGLのデータでは恩返しの方が多いので何とも言えない。
ここは陽気で火力不足な分捨て身タックルでもよかったかもしれない。
身代わりはランドロス等を起点にしたり補助技をすかしたり、
対ギルガルドで有利になるので採用した。
羽休めも欲しかったが地震でメタグロスやバンギラスに対抗できるようにした。
また、身代わりを見せることで地震が警戒されにくくなる。






ボルトロス霊獣v

霊獣ボルトロス

性格:控えめ

持ち物:拘りスカーフ

特性:蓄電

実数値:155(4)-x-90-216-100-153(252)

技:10万ボルト ボルトチェンジ 気合玉 めざめるパワー氷

調整
CSぶっぱ

電気無効でテッカグヤや水タイプに強いポケモンということでこのポケモンしかいなかった。
PT全体のSが遅めなので拘りスカーフを持たせた。
この枠はカクトウZ持ちの悪巧み型にしてもいいと思う。
主にフェローチェが出せないときの対面操作及び後半のスイープ役として使用した。
便利は便利であったが拘っている関係で毎回択になるのでこの枠は諸説。





 ナットレイv



ナットレイ

性格:呑気

持ち物:混乱実

特性:鉄の棘

実数値:181-114-167(4)-x-168(252)-22

技:ジャイロボール 種マシンガン 宿り木の種 ステルスロック

調整
B<D調整
流用個体なので調整意図は忘れた。

水やフェアリーに対するクッション役として採用。
特にフェローチェやボルトロスのトンボルチェンでミミッキュやキノガッサ
に後出ししていくことが多い。
クッション性能を高めるため持ち物は混乱実。
前半戦はゴーストZミミッキュが多くうまく機能していたが
後半戦はほとんど呪い持ちばかりだったので機能停止させられることが多かった。

 ヒードランv
ヒードラン

性格:控えめ

持ち物:突撃チョッキ

特性:貰い火

実数値:183(132)-99-127(4)-194(212)-142(124)-102(36)
技:噴煙  ラスターカノン 大地の力 岩石封じ

調整
A:岩石封じで混乱実持ちウルガモスを混乱実を発動させずに確定2発

C:H252D4メガクチートを噴煙で乱数1発(75%)

D:アーゴヨンの+2流星群Z+  +2流星群耐え




S:岩石封じで準速100族抜き

カプ・テテフやアーゴヨン、ウルガモス、リザードン等幅広い範囲を受けられるため採用した。
持ち物は特殊アタッカーに対して投げていくので火力を保持したまま耐久を上げられる突撃チョッキにした。
岩石封じはウルガモスやリザードンYを確実に処理でき、ミミッキュに対しても対面からであれば
皮を破りつつ上をとってラスターカノンで処理ということもできる。
特殊方面に対する信頼感がありPTの潤滑油として非常に重宝したが苦手な相手を一手に引き受けてる関係で
過労死することも多かった。








 カプ・レヒレv 
カプ・レヒレ

性格:図太い

持ち物:混乱実

特性:ミストメイカー

実数値:176(244)-×-173(180)-120(36)-151(4)-111(44)
技:ムーンフォース 波乗り 自然の力 挑発

調整
H:4n

B:メガラグラージの地震2発、メガギャラドスの+1地震2発
      メガバシャーモの飛び膝蹴り3発で混乱実発動

C:H4メガギャラドスをムーンフォースで確定2発

D:C特化ギルガルドのシャドボZで混乱実発動



S:余り

バシャーモやギャラドス等の対策と対カバルドンからの引き先。
技はメインウェポンの2つと削りとして優秀な自然の怒りと
補助技封じの挑発。
クッションと削り役の両方を兼ねているので非常に
使いやすい。





きついポケモン
メガミミロップ
ボルトロス以外は上を取られるうえ、レヒレ以外は弱点を突かれる。
ボーマンダで上手く舞うかレヒレかスカーフボルトで倒す。

ヒートロトム
まともに対応できるのがヒードランしかおらずヒードランも
ボルトチェンジ削られてしまう。
交代際やステロで上手く削ってボーマンダやフェローチェの圏内に入れたい。

サンダー(耐久型)
最も苦手な相手の1体でヒードランしかまともに相手ができない。
羽休めに大地の力を合わせるなどしないと突破ができない。

メガライボルト
同じく最も苦手な相手。ボルトロス以外上をとられ
またしてもヒードランでしかまともに対応できず、
そのヒードランもボルトチェンジで一方的に削られてしまう。


レート前半戦は勝ちが多く、最高の1890まで簡単にあがったが
後半戦でことごとく苦手なポケモンにあたり最終的に1700代まで
落ち込んだ。
ヒードランの負担が大きすぎたのでもっと負担を分散できるよう
考えたほうが良かったと感じた。

最近まともにポケモンをやっていない関係で知識不足や
処理方法が確立できていない相手がいたので
今回の経験を活かして次のシーズンに臨みたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りっかぽけ

Author:りっかぽけ
ポケモンの考察やPT構築等をまとめるブログです。
余り大したことは書けませんが少しでも参考にして頂ければ幸いです。
ニコ生で生主もしています。よかったら放送を見に来て頂けると嬉しいです。
http://com.nicovideo.jp/community/co1154713

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。